必要かも!?どう選ぶ、がん保険

がん保険をいざ選ぶとなると、各社それぞれたくさんのがん保険があるので、迷ってしまうかもしれません。
がん保険は、普段から健康診断を毎年受けて気をつけているのか、それともなかなか時間がなく、おざなりにしてしまっているのかなど、普段の生活状況も考えて選ぶのがいいのではないでしょうか。

診断給付金、入院給付金、通院給付金、手術給付金とお金の出るタイミングがそれぞれあり、診断されたとき、入院、手術、通院に応じて支払われます。
各社それぞれ診断給付金の基準に差があり、ごくごく初期の段階でも支払われるのか、支払われる金額にどう違いがあるのか、調べておくとよくわかります。

また、再発したときの再診断時にも、診断給付金が出るかもポイントです。
ごく初期のがんならあまり心配ないかもしれませんが、最初のがんの時に気づかぬまま、転移していたなどのケースはあり得るからです。

また、最新医療の治療を受ける特約なども、実際最新医療を受けるとなると、100万単位での治療費が必要になるので、つけておいた方がいい場合もあります。
特約などをつけて金額に差がある場合もありますが、自分にはどんなタイミングでお金が支払われたほうがよいのか、保険料との折り合いがつくか、よく照らし合わせてみてぴったりの保険を選ぶのが良いでしょう。